UJA論文賞

2019 UJA-IJC Outstanding Paper Award

アメリカ中西部4州合同

優秀論文賞結果

海外日本人研究者ネットワーク(UJA)は、海外で活躍する若手研究者を支援するために優秀論文賞を開催しました。優秀論文賞の目的は大きく分けて3つあります。

1.優秀な論文に対する表彰

2.論文内容の国内外への情報発信の強化

3.研究者間の異分野研究交流の促進

この3つの目的に沿って、2017-2018年に発表された科学論文を対象とした優秀論文賞がアメリカの中西部で4州合同企画という形でスタートしました。その一つの州、インディアナ州ではインディアナ州日本人会(IJC)がスポンサーとなり4年前から優秀論文賞が開催されており、審査委員長は開催当初からノーベル賞授賞者の根岸英一先生が務められていました。

 

今回はUJAとIJCの共同開催という形で優秀論文賞が開催され、根岸先生にはアドバイザーを務めていただきました。UJAに所属する「ミシガン金曜会(ミシガン州)」「UC-Tomorrow(オハイオ州)」「JRCC(イリノイ州)」「INDY Tomorrow(インディアナ州)」のそれぞれのコミュニティに優秀論文賞事務局が作られ、9人の先生が審査員を引き受けてくださり、それぞれのコミュニティから厳正な審査により2報ずつ論文が選考され、8報の論文が最初のUJA優秀論文賞を受賞しました。

受賞者一覧(8名、順不同)

兼子 拓也 Takuya Kaneko, PhD.(Department of Cell and Developmental Biology, University of Michigan Medical School)

タイトル:Serotonergic modulation enables pathway-specific plasticity in a developing sensory circuit in Drosophila

掲載雑誌:Neuron

原 英樹 Hideki Hara, PhD. (Department of Pathology and Rogel Cancer Center, University of Michigan Medical School) 

タイトル:The NLRP6 Inflammasome Recognizes Lipoteichoic Acid and Regulates Gram-Positive Pathogen Infection

掲載雑誌:Cell

 

正田 哲雄 Tetsuo Shoda, MD. PhD.(Cincinnati Children's Hospital Medical Center)

タイトル:Eosinophilic oesophagitis endotype classification by molecular, clinical, and histopathological analyses: a cross-sectional study

掲載雑誌:The Lancet Gastroenterology & Hepatology 

坂部 正英 Masahide Sakabe, PhD. (Cincinnati Children's Hospital Medical Center)

タイトル:YAP/TAZ-CDC42 signaling regulates vascular tip cell migration

掲載雑誌:PNAS

石原 純 Jun Ishihara, PhD.(University of Chicago)

タイトル: Matrix-binding checkpoint immunotherapies enhance antitumor efficacy and reduce adverse events

掲載雑誌: Science Translational Medicine

 

本橋 隼人 Hayato Motohashi, Ph.D.(Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto University)

タイトル: Primordial Black Holes and Slow-Roll Violation

掲載雑誌: Physical Review D

寺師 玄記 Genki Terashi, PhD.(Purdue University)

タイトル:De novo main-chain modeling for EM maps using MAINMAST

掲載雑誌:Nature Communications

河野 龍義 Tatsuyoshi Kono, PhD. (Indiana University)

タイトル:Impaired Store-Operated Calcium Entry and STIM1 Loss Lead to Reduced Insulin Secretion and Increased Endoplasmic Reticulum Stress in the Diabetic Beta-Cell

掲載雑誌:Diabetes

【2019 UJA-IJC Outstanding Paper Award 審査事務局 及び 審査員】

ミシガン州   事務局 渡瀬成治 (ミシガン金曜会)

        審査員 三品裕司、鎌田信彦

オハイオ州   事務局 梅崎勇次郎 (UC-Tomorrow)

        審査員 佐々木敦朗、行川賢

イリノイ州   事務局 米田拓真 (JRCC)

        審査員 加藤遼、 佐野晃之、 佐井宏聡 

インディアナ州 事務局 坂野公彦、吉本哲也 (INDY Tomorrow)

        審査員 横田博樹、栗原徳善

                       アドバイザー 根岸英一 

 

スポンサー

インディアナ州日本人会(IJC) 

海外日本人研究者ネットワーク(UJA)

 

広報協力

実験医学(羊土社)

在シカゴ総領事館

在デトロイト総領事館

© 2013 UJA All Rights Reserved.